歯の構造

歯の構造はエナメル質、象牙質、歯髄の3つだけ覚えておくだけで十分です。
歯に関する基礎知識を持っているかいないかで、
歯科医院に行った際の治療方法が異なる結果となることが多くあります。
例えば、何かを購入する際に、下調べもせず全く何も知らない状態でお店に行ったとして、
最初に行ったお店でいきなり店員の言いなりで商品を購入しますか?
まぁ、購入する方は別にそれはそれでいいんですが・・・

最近は、セカンドオピニオンなどもメジャーになってきたことで理解できるとは思いますが、
歯科医師によって治療に関する考え方は全く異なります。
当然、どの治療方法が正しいとは言えませんが、知らないからと言って、
全てを歯科医師に任せてしまっては、削りたがりや抜きたがりの歯医者に当たった時は取り返しがききません。
多少の知識を持っているだけでも、必ず歯科医師や歯科衛生士の対応も変わります。
虫歯の治療法は、一つだけではなく、何通りもあるのです。
ですから、例え少しだったとしても、歯科の知識を持った状態で歯科に行った方が、絶対にお得です。
今回ご紹介するのは大阪市旭区 歯科のデンタルクリニックです。
近所で評判の知識が豊富な歯科医師が治療をおこなってくれます。
セカンドオピニオンには最適なドクターだと評判です。

審美歯科に行くときのポイント

あなたは審美歯科に行くとき、どういうタイミングで行っていますか。
ホワイトニングをしたいとき、あるいは歯の並びの矯正をするとき、などさまざまなタイミングがあると思いますが、
やはり虫歯で歯医者さんに行く人が多いでしょう。
しかし、いざ虫歯になってから歯医者さんに行っても結構症状が進んでいるケースが多く、
なぜ早めに行かなかったのかと後悔することも少なくないと思います。
そこで今回は審美歯科に行くときのポイントについて書いて行きたいと思います。
今回話を聞いた歯医者は大阪 審美歯科センターです。オールセラミックなどに定評のある阿倍野区の歯科クリニックです。
まず、あなたは鏡を見て歯を磨いていますか。
TVを見て歯を磨いたりすることが多い人は要注意です。
何かをしながらの歯磨きは思っている以上にうまく磨けません。
それがまず虫歯の第一要員なのです。さらに歯の変色の原因になります。
なのでなるべく鏡を見ながら歯を磨くようにしましょう。
毎日鏡を見ながら歯を磨いていると、歯の色や歯茎に異変が生じた場合かすかな違和感を抱くことができます。
実はその違和感というのが重要で、その違和感に気づいてから3日経ってもそれが解消されない場合は歯医者さんに行ったほうが良いのです。たいてい虫歯の前兆であることが多く、私はそれで完全に虫歯や歯の変色になる前に予防することができました。