自毛植毛とカツラの違いについて

カツラは、一般的には頭皮の薄毛の部分に対して人工毛髪を被せるもののことを指します。
もちろん、カツラにもいくつか種類があり残っている髪の毛と結ぶようにして頭皮に直接的に被せないようにしているものがありますが、共通しているのは人工毛髪を利用して髪の毛を増毛させる手段のことを意味します。
一方で、自毛植毛は人工毛髪ではなく文字通り患者本人の髪の毛を使って増毛させることを意味しますので、より自然な形で髪の毛を増やすことが可能なメリットがあります。それだけではなく、人工毛髪のようにアレルギー反応が存在しません。
人工毛髪はあくまでも人工物なので、患者によって頭皮が荒れてしまって逆に残っている髪の毛が少なくなってしまうこともあります。
しかし、自毛植毛ではこうした拒絶反応がないので安心して利用できます。
自毛植毛で有名な大阪のNDクリニックでも行われている「植毛手術」は、自身の髪の毛を再利用して移植する手術なので、自毛植毛では患者本人に最も適したドナーを利用することになるのです。