包茎って何?

男性器(ペニス)において、勃起時ではなく、通常時に常に亀頭部分が包皮に覆われている状態の事を「包茎」と言います。
ペニスは、陰茎部と亀頭に分けられます。
陰茎部は皮膚に包まれ、その皮膚の下は内側の組織と柔軟な結合をしている為に滑らかな動きをします。
陰茎部の皮膚が亀頭も包みこむ状態が「包茎」であり、亀頭を覆っている皮膚は包皮と呼ばれます。
幼少期は、亀頭が包皮に覆われ、包皮と亀頭が癒着している状態なので、包皮を剥く事が出来ません。
成長とともに、次第に包皮と亀頭の癒着がとれ、思春期を迎える頃には亀頭が自然に露出した状態になっていきます。
この時期に陰茎と亀頭の成長があまりなかった場合、もしくは、包皮の量が多い場合には亀頭が完全に露出しないままになります。
また、包皮の出口が狭かったり、亀頭と包皮が癒着していた場合も同様に亀頭が露出しません。
この様に勃起した状態の時ではなく、通常時に亀頭が包皮に覆われている状態を「包茎」といいます。
成人後も包茎の状態の方は、包茎手術をしなければ自然に治る事はありえません。
本来は、亀頭部は露出されることで亀頭が成長し大きくなりますが、包茎の状態が続くと、包皮で亀頭の発育が抑制され、亀頭が小さいまま大人になってしまいます。
また、包茎の方は、亀頭が陰茎部よりも先細りしている状態であったり、包皮と亀頭の間が常に湿った状態になるため不衛生になりがちです。
成人になってからの包茎は早期に治療されることをお勧めします。

包茎手術なら新宿形成外科
https://www.s-keisei.jp/houkei/index.html

包茎の悩みを解消しよう!安心して短時間で受けられる包茎手術

男性が中学生程度の年齢に達すると、自分が包茎かどうかを判断できるようになるでしょう。
中学生、高校生の頃は包茎の悩みを持ちながらも生活を普通におくることができますが、大学生以上になると大きな悩みの種になる事もあり、この年代から包茎手術を希望する方は全国的に急増します。
統計では、日本人男性の場合、結構な確率で包茎と判断されることが多いので、自分だけではないと安心感につながる部分はありますが、包茎手術を希望する方は多くいます。
温泉に入ることを躊躇してしまったり、彼女ができた際に陰部を見られることに恥ずかしさを感じてしまったりと、大きな悩みとなっています。
この悩みは、包茎手術を専門に行う男性用のクリニックを利用することで解消されるでしょう。
現在では医療の技術、手術法が多数あるので、一般的な包茎の方であれば1日もかからずに手術を済ませる事が出来ます。
また、メスで切らない手術法もあるので、痛みや出血に不安になられる方にもお勧めです。
切らない方法であれば手術の痕も全く残らないので、他人に知られてしまう事も無く安心感も生まれます。
男性に特化した包茎手術のクリニックは、ビルの中層階以上で開業している所も多くあります。
様々な店が入ったビルなら、はたからはどこに行くのか分からないので、この条件も安心出来る材料では無いでしょうか。
包茎手術は意外とあっさりと終わる手術なので、悩みを解消するためにもクリニック探しを行いましょう。

包茎のお悩みならクリスタルメンズクリニック
https://www.mencli.com/hokei/kiso.html